パフォーマンス テスト

20 分間テスト


分テスト 

テストの目的

20 分テストは、機能的閾値パワー (FTP) を算出するために実施します。この情報を活用すれば、個人のトレーニングゾーンを設定してトレーニングを体系化することができます。

テストを実施するタイミング

経験を積んでいるサイクリストの方は、何らかのトレーニングプランを開始する前に、20 分テストで自分の FTPを測定してみてください。トレーニングプラン実施中も時々このテストをすることで、トレーニングの成果を確かめることができます。

テストの実施方法

Model B パフォーマンス モニターには、あらかじめ 20 分テストがプログラムされています。以下の指示に従って開始してください:

まず、基準ケイデンス 95rpm を達成できるように空気抵抗負荷を選択します。パワー、ケイデンス、および負荷の表 を参考にしてください。

  • メインメニューから [Workouts/Tests] を選択します
  • テスト画面で [20’ Threshold] を選択します
  • 年齢、体重 (kg)、性別を入力し、[Enter] を押します
  • プログレスバーが消えたら、テストを開始できます
  • ライブ ディスプレイにケイデンスとパワー、さらにテスト終了までのカウントダウンが表示されます。

結果の見方

テストが終わると、「テスト」画面に以下の内容が自動的に表示されます:

  • Power avg (パワー平均)
  • HR avg (心拍数平均)
  • Thres HR (心拍数閾値)
  • Thres Pow (FTP スコア)
  • MMP
  • Vo2 Per Kilo (体重あたりのパワー)
  • VO2 Estimate(酸素摂取量推定値)
  • METS

右矢印を押してタブを切り替えると詳細情報が表示されます。

要約画面をよく見ないうちに閉じてしまってもテストデータはすべて保存され、[Recall]

ボタンで呼び出すことができるため、心配はありません。